スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『翻訳できない世界のことば』
評価:
エラ・フランシス・サンダース
創元社
¥ 1,728
(2016-04-11)

JUGEMテーマ:本の紹介

ひとことで翻訳するのが難しい、いろいろな言語圏のことばを集めた本。
たった一つの単語の中に、豊かな世界が広がっています。

 

ツボにはまったのは、フィンランド語の"PORONKUSEMA"(p.68-69)

「トナカイのいる地方では、とても便利な言い回し。」だそうです♡

それからイヌイット語の"IKTSUARPOK"(p.84-85)。
とてもいとおしく感じることば。

どちらも意味は、ぜひとも現物を手にとってお確かめください!

 

日本語も4つ、掲載されてます。
意外なセレクトだったのは"TSUNDOKU"(p.90-91)

積読ですね!

 

イラストもおしゃれで、微妙な色使いに心惹かれます。

 

小学校で、国際理解の学習をする際に、ぜひ活用してみたい本。
地理や歴史の本からは得られない、視点の広がりが生まれます。

お気に入りのことばを見つけて、発表しあうのも、楽しそう♪
 

posted by: よしこ | 一般書(その他のジャンル) | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 15:35 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
</body>